日々、木と暮らす

創業以来、大市住宅産業の根幹は「家づくり」です。地元篠山を中心に、木造注文住宅にこだわってきました。

-心身共に健康で、安心豊かな住環境を、共に考え、ご提供する-

当社の家づくりに関するおもいです。何度もお話をし、お客様の理想にできるだけ近づけるように努力しています。多くの方におって家づくりとは、一生に一度の大事業です。何度打ち合わせをしすぎてもしすぎるということはありません。ライフスタイルは十人十色、じっくりとあなたとご家族の考えをお聞かせ下さい。

「家づくりは楽しい。」 新築住宅の打ち合わせをしていたときに、お客様から出た言葉です。

決して大きな会社ではありません。たとえ担当者じゃ無くても、ひとつひとつの家造りに、社員全員が意見し、共に考えます。新築住宅の引き渡しを迎えるころには、ほとんど皆の顔を覚えてもらえるでしょう。

パッケージ商品のように型にはまった住宅を建てる方が楽です。だけど「思い通りのわが家ができた。」という一言が聞きたくて、我々は仕事をしています。

工務店と建てる家づくりを、一緒に楽しみませんか?

家守りとして

家は建てられたら終わりでしょうか。車だってメンテナンスフリーというわけにはいきません。

引渡しを終えてからが、家との付き合いのスタートです。30年前に建てさせていただいたお客さまが、すでに退職した大工の名前を覚えておられ、当時のことを話してくださる。年末にごあいさつに伺うと、「いつもありがとう。」とみかんをいただく。

我々工務店の基本は地域密着だと改めて感じます。台風などの災害、修繕、永く住み続けるための補修、「地域の家守り」として、それらに対応するのが工務店の役割です。また、家づくりを進めるうえで、大切なことのひとつが、コミュニケーションだと思います。

住まわれる方、職人さん、大市住宅産業がチームとして家づくりに臨みます。工事前はもちろん、引渡しを迎えるまで打ち合わせを重ねさせていただきます。

謙虚な気持ちを忘れずに、至らない部分は反省しながら、より良い人間関係を築くことが、長いお付き合いの土台となると考えています。

いいものをつくろう

株式会社 大市住宅産業
代表取締役社長 大前 裕樹

「いつも応援している」

私が、まだ設計事務所に勤務していた頃、祖父がかけてくれた最後の言葉でした。

子供の頃は祖父について大工のまねごとや現場掃除をしました。大学は建築学科へ。絵を描くのが好きだったこともあり、次第に設計することに楽しさを見出します。大学院修了後、設計事務所に勤務し、一級建築士資格を取得。思えば祖父がいなければ、今もどこかの事務所に勤めていたことでしょう。

設計士と工務店の三代目という二つの視点から家づくりを提案する私どもの仕事は、こちらの考えを押し付けるのではなく、ご要望に耳を傾け、予算や敷地、施工条件を考慮し、最良の答えを導くアドバイスをすることです。関わる全ての人が、誇りに思える仕事をしたい、それが私の目標です。職人・従業員・私自身が自慢できる仕事。もちろん簡単なことではありませんが、それがお客さまの満足につながると信じています。

父は常々「幸と夢の空間創りの店-幸夢店(コウムテン)でありたい。」と言います。その言葉を現実のものとできるよう、もの造りに励みたいと思います。