太陽のすむ家「びおソーラー」について

わかりやすく、手間が掛からず、低コストだけど、最適最良なこと、長寿命であること

イラスト:秋山東一

“春”と”秋”を「延長する」という考え方

最近、春や秋の「中間期」が短くなったと言われます。桜が咲く頃も余寒が続き、残暑の秋は10月になっても続いて、秋が短くなり、急に冬がやって来ます。
春や秋は、一年で最もいい季節です。この「中間期」を、どうしたらもっと延ばせるのか。
省エネ技術の多くは、過酷な冬と夏の「極」を取り上げ、効果のほどを競い合いがちです。けれども、本当に大事なのは、過不足のない(ホドのよい)温熱感を持つ「中間期」を、過酷な冬や夏の季節に持続させることではないでしょうか。
冬にTシャツで過ごしたり、夏にセーターを着込むのがオシャレでないはず。季節に合った衣服でいれば居心地よく過ごせる温熱感が一番いいと思いませんか。

当社では、「手の物語」がてがける「びおソーラー」をご提案しています。太陽光発電ではなく、太陽の熱エネルギーをダイレクトに家の中に取り込む装置です。*太陽光発電との併用も可能です。

「びおソーラー」ついて詳しく知りたい方は「手の物語」サイトをご覧ください。

手の物がたりサイト >