大きな楓の木の下で

篠山市 S様邸

築年/30年程

施工箇所の間取り/4LDK

施工面積/122.55m² (37.06坪)

施工時期/2014年12月

K様インタビュー

お子様の将来を考え、篠山に帰って来られたK様。
家や地域に対する愛着、ご両親との同居を考えて、ご実家を二世帯住宅にリフォームされました。もともともK様邸は、篠山の城下町で町家建築。通りに面した間口が狭くて奥に長い建物。子世帯用玄関を別に設け、和室をLDK、寝室に改装しました。
リビングからは従来の町家建築ならではの中庭が眺められ、随所にアイディアが詰まった楽しい家になりました。


どんな家を作ろうと思っていたのですか?(こだわったところ)

私は天然素材を多く使った安全な家、妻は断熱がしっかりできていて収納の多い家が理想でした。
とにかく、家族が健康で気持ちよく暮らせ、エネルギーのロスが少ないことにこだわりました。また、白を基調とした中に、アクセントを入れた見た目の美しさや、ロフトの設置など、楽しく暮らせる工夫もしたいと思っていました。

プラン上で気に入っていただいた所はどこですか?

やはりロフトと吹き抜けです。もともと天井の低い平屋だったのですが、リビングを吹き抜けにし、寝室とクローゼットの上にロフトを設けました。
既存の梁を見せて、古い日本家屋の特徴を残すこともできました。
ロフトは収納用と子供用を作りましたが、子供だけでなく、妻にとってもお気に入りの場所になっています。

当社を選んでくださった理由をお聞かせ下さい。

仕事の関係でモデルハウスを訪問をした時に、木ばかりでできた家に驚きました。一見、木や石に見えるけれど化学物質で作られている建築素材が多いことに疑問を持っていたので、大変興味を持ちました。その後、リフォームが決まり、子供のためにも自然素材を多く使った家にしたいと思っていたのですが、たまたまた出会った社員の方の応対がとても丁寧だったので、大市さんでお世話になることに決めました。

完成した家をご覧になって、また実際に住まわれてどうですか?

大変満足しています。細かい修正にも丁寧に対応していただき感謝しています。

リフォーム