木材市場

懇意にさせていただいている林業所の方に「一度連れてってください」とお願いして、

朝から丹波市の木材市場へはじめて行きました。

市場は5の付く日、つまり5日、15日、25日と月に三回開催されているそうです。

丹波市、篠山市、近隣市町の山から10日間で切り出された丸太が競りにかけられます。

実際には写真に写っている4、5倍ぐらいでしょうか。それが1時間半ほどで売買されました。

昔に比べるとずいぶん量が減ったそうですが、それでもそれなりの量です。

20人ぐらいの人が独特の手ぶりで買い付けされており、面白い体験でした。

期間限定出張所?

11月に入った昨日から

「篠山市企業紹介展」に出展しています。

↑安本さんがよいディスプレイをしてくれています。

 

モデルハウスにはちょっと行きづらい・・・という方は

(誰もいないので)

ちらっと、いや、堂々と?のぞいてみてください。

パンフレットも置いてありますよ。

他の市内の企業さんのブースもあるので

お近くに行かれる際はぜひどうぞ。

 

日程

11月1日(水) – 13日(月) 市役所 本庁舎1階・市民ホール

8:30 - 17:15

11月15日(水) – 30日(木) 市民センター・市民ギャラリー

9:00 - 22:00

今が食べごろ。

今日は朝から事務所に一人でさみしいなーと思っていたら、、、

なんだか外がにぎやか。。。

すぐ近くの四季の森生涯学習センターで

「丹波たんなん味覚まつり」がはじまりました。

 

野外ステージからノンストップで聞こえてくる

ジャズから郷ひろみまで幅広いジャンルの生歌BGMと、

いつもお世話になっている業者さんからの素敵な差し入れのおかげで

お祭り気分な一日でした♪

「たんなん味覚まつり」は明日もあるみたいです。

そして来週は「丹波焼陶器まつり」、11月には「ササヤマルシェ」。。。

 

篠山は今が一番おいしくて楽しい時期です。

どうぞお越しください♪

閑やかな夕暮れ

ここのところ朝晩、涼しいというよりも

すでに、寒いという方がしっくりきています。

 

昨日の夕焼け空です。

いつもの言い訳ですが

本当の空はとってもきれいだったのです。

写真が、写真が・・・

季節はすっかり、秋なのですね。

一雨ごとにそれがぐっと深まります。

よい季節です。

あ、これ、年中言うてますね。

 

 

大書院は、今日も閑かに城跡から

この素敵な季節の移ろいを眺めているのでしょうね。

 

味覚の秋

篠山の秋の味覚といえば全国的には栗や黒豆が有名ですが、篠山市内や近隣の方、全国の篠山ツウの方はやっぱりコレ好きな方多いですよね。

黒豆は黒豆でも丹波黒の枝豆。

我が家も猫の額もない程の畑ですが栽培していて、実はだいぶ膨らんできました。

販売解禁まであと約1週間。

10月には味まつりや陶器まつりも開催されますので、篠山に足を運んでください。

そして、ぜひ日々木にもお立ち寄りください。

お待ちしております。

 

日々木の社窓から

今朝、天気予報をみると

篠山市には「濃霧注意報」が。

今まで全く気がつかなかったのか・・・

この時期の「濃霧注意報」は

篠山あるあるなのでしょうかね。

 

 

写真はイマイチですが

盆地ならでは、の

360°見渡した山々にかかる霧・・・

気分は、石川五右衛門の

絶景かな、絶景かな。

てな感じです。

 

絶景に囲まれて今日、9月22日のスタートです。

 

 

絶景の手前の窓の汚れが、少々

いや、

だいぶ気になりますが。。。

年末まで我慢できるかしら???

オンエアー。

少し前、近所にNHKの撮影隊がやってきて

丹波焼の窯元さんを取材されていました。

「イッピン」という番組で、先日そのOAをみると

見慣れた風景が2割増しで素敵に映ってました。

その中には当社が施工させていただいた

雅峰窯さんのギャラリーも♪

見逃した方は再放送があるようなのでぜひ。

NHK BSプレミアム「イッピン」~花ひらく!彫りと削りの器 兵庫 丹波焼~

9/12(火)am6:30~am7:00

いとをかし

先週末に見ごろを迎えた桜が

この1週間でまわりの木々に紛れ

またひっそりと元の生活に戻っているようにも見えます。

また来年の春、会いましょう。

 

なんだか寂しいような気もしますが

昨日の夕方はまだ提灯がぶら下がっていました。

こんな感じで。

真っ暗ではないですが

ほんのり灯った提灯もまた「をかし」です。

 

街中にはたくさんの方が観光に来られています。

冬が明け、また篠山に活気が戻ってきました。

篠山建築学校(仮)

篠山市若手工務店の会「住倶楽部(スクラム)」は篠山市商工会の協力を得て

神戸芸術工科大学と産学連携事業を2014年から行っています。

最初から3年で1区切りということでスタートしたので、

今回その総まとめの報告会が行われ、

関係諸団体の皆さまと、意見交換もさせていただきました。

古民家再生を通して、工務店の活性化を目指した同事業で、

当初のもくろみ通りメディアにも取り上げられ、知名度の向上にもつながりましたが、

それ以上にいろいろな波及効果もありました。

昨年の夏はドイツから建築を学ぶ学生が多数来日し、ワークショップを行いました。

里山住宅博にもたくさんの学生が見学に来てくれました。

そして、芸工大の学生が田舎町に定住し就職もしてくれました。

 

そういった延長線で、次年度からは、関係諸団体と連携しながら

「篠山建築学校」(仮)の設立を目指すことになっています。

世界中の建築を学ぶ学生が篠山に来てくれることを夢見て、新しい船出です。