しるべ

あら・・・

ここに本当に消火栓があるのですか、と

問いたくなるような

なんだか心もとない標識になってしまいました。

(先日の台風の影響でしょう)

困った感が出ていてかわいらしいような気もしますが。

それでも、標識であるなら

誰にでもすぐわかるよう

しっかり示してもらわないといけませんね。

 

大市住宅も

皆さまを最善の道へとご案内できる

道しるべのような存在でいられれば

それはそれはうれしいことです。

 

 

標識は、今はすっかり元どおりです。

お宅訪問

春に引き渡しを終えた篠山市内Tさまのお宅。

引き渡し後3か月の点検に伺いました。

左官職人のTさま。建物の内外壁はもちろん、塀などの外構工事もご自身でされました。

アプローチに植栽が入って、雰囲気がよくなりました。

室内も家具が入り、ぐっと感じがよくなりました。

丁寧に使っていただいている様子がわかり、うれしくなりました。

 

篠山市 O様事務所新築工事 完成写真

篠山市内で工事をさせていただいているOさまの事務所新築工事。

事務所本体は、いったん区切りを迎えましたが、引き続き別の箇所の工事をさせていただいています。

完成写真が上がってきたので、何枚かアップします。

設計は全国でご活躍中、篠山の才本建築事務所

素焼きの焼き板を張った外観がまわりに調和しています。

Oさま、大変お世話になり、ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いします。

見えないなら・・・

このたびの台風や地震で被災された皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

 

先日、ルーペを購入しました。

(老眼で近くが見えません)

おかげさまで目を酷使することなく

細かいところがよく見えるように。。。

 

「見える」

先のことが見えるといいなあと思ったことが

今までにも何度かありました。

予め災害が発生すると見えれば(わかっていれば)

辛く悲しい思いをする人がいなくなるのでは…と。

でも、そんなことは(今のところ?)不可能で

災害に対しては十分な備えや知識を持つことがベストなようです。

 

9月は防災月間でもありますし、そうでなくても

いつどこで起こるかわからない災害に対する備えを

疎かにしてはいけないなあと改めて感じています。

 

 

人生は、先が見えないからこそ

おもしろいのかもしれませんね。

篠山建築学校

今朝の神戸新聞に掲載いただきました。

篠山市内8社の工務店で活動している「住倶楽部(スクラム)」

と神戸芸術工科大学の産学連携の取り組みです。

 

先般からの台風災害の復旧に加え、秋から予定しているたくさんの工事を抱えて、

ブログの更新がままならず久しぶりの投稿です。

北海道でも大きな地震があり、各地で被災された方にはお見舞いを申し上げます。